消費者金融案内所 TOP → 悪質業者を見分ける方法 登録業者であるかどうか

登録業者であるかどうか

消費者金融を利用する際、1番注意しなければならないことは闇金融と言われる悪徳業者についてです。悪徳業者を利用しないためには、利用しようと思っている消費者金融が悪徳業者でないかどうかということを見分ける必要があります。しかし、悪徳業者かどうかを完全に見分ける方法というのはありません。

悪徳業者は次々と名前を変更します。完全に特定することは難しいのです。しかし、悪徳業者を最低限見分けるポイントがあります。

まずは登録業者であるかどうかです。貸金業を営む業者は、都道府県か財務局に登録することが義務づけられています。1つの都道府県だけで営業する場合は都道府県知事に、複数の都道府県で営業する場合は財務局へ届け出ます。登録すると「東京都知事(1)○○○○」「関東財務局長(1)○○○○」と番号が付きます。新規は(1)。3年ごとに(2)(3)と番号が増えていきます。2000年から新規の登録が増え、同時に苦情や相談が急激に増えたそうなので、新規の業者には十分に注意する必要があります。

「登録番号○○○」というようにきちんと記載して広告を出している会社もありますが、借入前にきちんと調べるようにして下さい。そのように書いていてもその登録番号を信じることが出来るわけではありません。中には適当な番号を掲載している悪徳業者もあります。登録番号があるから安心謳っている場合は、その登録番号が正しいものであるか必ず確認するようにしましょう。

悪質業者を見分ける方法


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!