消費者金融案内所 TOP → 悪質業者を見分ける方法 利息計算や返済方法などをきちんと説明してくれているか

利息計算や返済方法などをきちんと説明してくれているか

貸金業者の登録をしていても法律で決められた上限を超える高利で貸す業者もあります。現在は、利息制限法という法律で法定金利(年利)の上限が15.00〜20.00%と定められています。しかし、それ以上で貸付を行っている違法な会社も数多く存在するのです。

お金を借りる際には、金利や利息の計算方法をしっかり確認して下さい。説明があやふやな場合は、借りる人にとって不利な条件を隠している可能性もあります。そのような業者ではお金を借りないようにしましょう。また、利息だけでなく返済方法も忘れずに確認するようにしましょう。

消費者金融の返済方法は、一般的に毎月の最低返済額をあらかじめ設定しておくリボルビング方式が用いられていることが多いです。リボルビング払いであれば、追加の借入を行っても、毎月の最低返済額が変化することがありません。借入額に対して最低返済額の設定が低めになることが多く、月々の負担が少ない方法なのです。

しかし、返済期間が長引いてしまうと多額の利息を支払わなければならなくなりますから気をつけて下さい。また、最低返済額が借入額全体に対して設定されるのも特徴です。その辺りもチェックしておくようにして下さい。最低返済額は業者によって異なるので、借入前にこちらもきちんと確認しておくようにしましょう。

消費者金融に限らず返済はしやすい方がもちろん良いです。自分にとって1番良い返済方法は何かをあらかじめ調べておくと良いと思います。

悪質業者を見分ける方法