消費者金融案内所 TOP → 消費者金融の基礎知識 消費者金融の仕組み

消費者金融の仕組み

消費者金融の仕組みは少しややこしく分からないにくい方も多いと思います。ここでは消費者金融の仕組みについて説明しますので、しっかりと把握しておくようにしましょう。無担保・無保証とは、借金を返済出来なくなった時に備えてお金を貸す側が確保する手段である土地や株券などの担保(物的担保)も保証人(人的担保ともいう)も必要ないことです。では、どのようにしてお金を貸すのかというと個人の年齢や職業、収入などによりその人の信用に対して融資を行います。

しかし、消費者金融を扱う会社が次々と誕生するに伴って新たな問題も出てきました。それは、「多数の会社で借り入れを行って返済出来なくなる人が増えてきた」ことです。そこで消費者金融業界では、お互いの顧客情報を交換し、こうした返済不能な客の発生を防止する仕組み作りを始めました。

はじめは、自社で延滞した顧客の情報を交換していましたが、それだけでは延滞しない限り借りることが出来てしまうため、借り入れ金額を交換して借金の金額を大きくしないように努めてきました。ところが、市場が大きくなるにつれ、どうしても返済不能に陥る人が増えました。また、貸した側も何とか回収しようとしたために、社会的批判を浴びるようにもなりました。

そこで1983年(昭和58年)、業務のルールを取り決めた法律「貸金業の規制等に関する法律」(貸金業規制法)が制定され、現在の消費者金融業界はこうした環境の下、大きく健全に発展してきました。しかしながら、2001年(平成13年)後半頃からヤミ金融などの違法業者が社会問題になり始めます。そこで被害の防止とヤミ金排除を目的として、2003年(平成15年)7月より貸金業規制法が成立されました。今後も抜本的な解決策が次々と登場することでしょう。

消費者金融の基礎知識


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!