消費者金融案内所 TOP → 消費者金融の基礎知識 消費者金融のデメリット

消費者金融のデメリット

◆高額・長期の融資には向かない
消費者金融のデメリットで一番に考えられるのは、何と言っても金利が高いことです。そして、融資額が大きくなればなるほど、利用期間が長くなればなるほど返済の負担が大きくなります。基本的に消費者金融は、高額で長期の融資には向いていません。また、消費者金融と聞くとイメージが悪く、その部分もデメリットと言えるかもしれません。

◆計画性の無い利用をしてはダメ
消費者金融は、とても便利に利用が出来る反面、危険な面も併せ持っています。自由で簡単にお金を借り入れることが出来ますので、人によっては計画的な利用が出来なくなってしまうこともあります。融資の総額によっては毎月の返済額はそれほど大きく変わりません。事態の深刻さに気づきにくく、気が付いた時には、既に手に負えない額を借り入れてしまっていたなんてことも珍しくないのです。負債総額が大きくなってしまうと返済のことばかり考えてしまい、返済のためにまた他社で借り入れてしまう人も出てきます。このような多重債務者は現在深刻な社会問題となっています。消費者金融を利用する際は、計画的な借り入れをすることを心掛けましょう。

◆悪徳金融がある
消費者金融には残念ながら悪徳金融会社が存在します。注意すべき点を抑えておけば引っかかることはありませんが、お金がどうしても必要な時は判断力が低下してしまいます。悪徳金融消費者に引っかかってしまうこともないとは言い切れません。

消費者金融の基礎知識


http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!