消費者金融案内所 TOP → 申込から審査まで 審査におけるポイント

審査におけるポイント

審査で一番よく見られるいくつかのポイントがあります。

まずは年齢です。二十歳以上であることが最低条件になります。社会的には年齢は年配の方ほど信頼性は高くなります。逆に若いと信頼性が低くなります。しかし、消費者金融では若い人ほど審査に通りやすく、年配の方ほど審査に通りにくくなると言われています。若いと将来は年収が増えていくので返済能力があると判断されるのです。

お金を借りるわけですから職に就いていることが前提となりますが、職を失ったとしても次の職を見つけやすい年齢である点も考慮されます。また、年収も審査ポイントの重要な1つです。年収はその人がどれぐらい返済能力があるのかを判断する材料となります。当たり前ですが、年収が多ければ多いほど審査には通りやすくなります。審査に通過するために、定職に就くことが重要です。

雇用形態には正社員や非正社員、アルバイトやパートなどがありますが、1番評価が高くなるのは正社員です。その中でも年収の高い職種の方が信用性が高くなりますが、公務員などの安定性のある職種が1番有利であると言われています。一般的に無担保の場合、無担保の借入総額 (今回申込分を含め)が年収(税込)の50%以内であり、総年間返済額(有担保・無担保含め)が年収の40%以内であることが目安です。

意外かもしれませんが、消費者金融では申込者の人柄も審査ポイントの1つとして見ているようです。身なりや服装、電話や店頭での応対、質問に対する仕草や行動を見て総合的に審査に通すかどうかを判断しているのです。

それぞれのポイントを把握して審査に臨むようにしましょう。

申込から審査まで


マイスリー 添付文書
マイスリーの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!